THE GLOBE ONLINE SHOP

ザ・グローブオンラインショップ スタッフブログ

アーコールチェア入荷しました! 

2017/05/20
Sat. 17:47

今日は真夏のような暑さですね!
ニュースでは水分を補給しましょうや、エアコンをつけましょうなど
すっかり夏のようなアナウンスです。
我が家のワンコ、朝のお散歩は若干だるそうです。
これからはもう少し早起きをして涼しい時間帯に行こうと思います。

さて、本日のご紹介は
まだまだ大人気、アーコールチェアです。
シャープで洗練されたデザインのスティックバックチェア。
私も自宅でご愛用、座り心地も抜群です。

アーコールスティックバックチェア
34,560円
16L9709601RB (600x600)

この後ろ姿が素敵です。
16L9709601RB_3 (600x600)

シールや刻印もはっきり。
16L9709601RB_6 (600x600)

16L9709601RB_7 (600x600)

アーコールスティックバックチェア
34,560円

商品のお問い合わせ
メール:support@shop.globe-antiques.com

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
人気ブログランキングへ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

アンティークスツール入荷しました! 

2017/05/15
Mon. 16:57

久しぶりのイギリスからアンティーク商品が入荷しました。

アンティーク好きなら1脚は持ちたいスツール。
形や色がバラバラでもひとつの空間に置くと不思議とマッチします。
さまざまなデザインのスツールをご紹介いたします。
IMG_7781 (600x600)

赤いレザーに鋲留めがアンティークらしいカウンタースツール。
同デザインが4脚入荷いたしました。
最近はこじんまりとしたカウンター席があるカフェやレストランも
多いですね。
とってもお問い合わせが多いカウンタースツール、おすすめです!
32,400円(税込)/1脚
16L2617501 (600x600)

16L2617501_2 (600x600)

ペイントの剥がれ具合が何とも味わい深いハイスツール。
24,840円(税込)
16L9709700 (600x600)

脚をかけて座るのにちょうどよいサイズ感ですね。
16L9709700_8 (600x600)

安定感がある長方形の座面
全体の風合いもとっても素敵
24,840円(税込)
16L9032000 (600x600)

一番人気のElm材の丸い座面
アンティークならではの風合いです。
21,600円
16L2616502_6 (600x600)

他にもアンティークチェアも入荷中!
アンティークはほとんどが1点もの、お早目にチェックして下さいね。

商品のお問い合わせ
メール:support@shop.globe-antiques.com

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
人気ブログランキングへ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

遅ればせながらあけましておめでとうございます!
ブログの更新が遅くなり、ごあいさつも今頃になってしまいました・・
本年もウエアハウスオンラインショップをどうぞよろしくお願い致します。

さて、2017年最初の商品ご紹介はこちら!
便利でおしゃれなアンティーク木箱です。

15G4517500.jpg

こちらはイギリスのリンゴ農園【ROYAL FRUIT FARM】で実用されていた木箱です。
→アンティークウッドボックス/ROYAL FRUIT FARM はこちら

キッチン周りでは根菜やフルーツのストックボックスに、
ガーデンでは苗やスコップなど小物の収納に、色々しまえてとにかく便利!

15G4104100-1.jpg15G4104100-1_2.jpg15G4104100-1_4.jpg
15G4104100-3.jpg15G4104100-3_2.jpg15G4104100-3_3.jpg

他にもベルギーの農場で使われていたアンティーク木箱が数点入荷しました。
→アンティークウッドボックスはこちら

お部屋でお子さんのおもちゃや雑貨など、細かなものが片付かない・・!
そんなときはとりあえずウッドボックスに入れてしまえばOK!
すっきりとちょっとおしゃれな収納に早変わり。
『とりあえず一時置きBOX』を設置するだけでお片づけがグンと楽になりますよ♪

15G4104100_5.jpg

こんなふうにいくつか重ねて収納棚に使うのもおすすめです。
手軽に設置・カスタマイズ可能なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
人気ブログランキングへ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

鉄のメンテンナスもできますよ! 

2016/02/14
Sun. 14:58

春一番、すごい強風です。
寒さも一段落と言いたいところですが、まだまだ油断できません。
暖かくなったり、寒くなったり、日々変わる気温に付いていくのが大変ですね!
温泉、運動、グルメツアー、人それぞれ気分転換の方法は違いますが
楽しいことでストレス溜めずに日々過ごしたいですね。

さて、そんな気分転換でおすすめがDIY!
何から始めて良いか分からない方、今日ご紹介の鉄のメンテナンスは
簡単でおすすめ!

お庭に錆びた花台ありませんか?
アンティークのサビサビのアイテムありませんか?
昭和レトロなサビサビの棚とかありませんか?
サビも風合いのうちですが、やっぱり磨いて綺麗な雰囲気も良いものです。

入荷したばかりのミシンでDIYしてみました。
使う道具は
①使い古したTシャツなど
②使い古した歯ブラシ
③場合によってはスチールウール
④女子はビニール手袋
そして当店イチオシ商品 
⑤LIBERON社 アイアンペースト

Before 長年の砂ホコリやカビなどが付着しております。
これは風合いとは言い難い。
IMG_8382 (500x500)

まずは表面に付いている汚れをウエスで拭き取ります。
IMG_8383 (500x500)

しつこい汚れはスチールウールでこするとすぐに取れますよ。
なければウエスだけでもOK
IMG_8388 (500x500)

ある程度汚れが取れたらいよいよアイアンペースト登場。
歯ブラシや柔らかいブラシに適量つけ
IMG_8384 (500x500)

ゴシゴシ、ゴシゴシ
IMG_8385 (500x500)

After ほーら、こんなに綺麗になりました!
仕上げは綺麗なウエスでよーく拭き取って下さいね。
以上なんです、簡単です!
無心で作業する時間はある意味気分転換です。
IMG_8386 (500x500)

本日入荷のアンティークミシン脚もバッチリメンテナンス済みです!
HU0-001F (500x500)

アンティークの風合いを残しつつとっても良い艶です。
HU0-001E (500x500)

とっても簡単ですがやった感があります。
アイアンペーストは鉄製品には何でもお使いいただけます。
女子でもお手軽メンテナンス、是非お試しくださいね!

アンティークミシン脚

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
人気ブログランキングへ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

なおす人  

2016/01/30
Sat. 13:49

本日も曇り空。
しかし、心配されていた雪もたいしたこともなく
車に積み込んだチェーンも使わなくて済みそうです。
女子的には悪天候の中でのチェーン取付作業、けっこう辛いんです。
春が待ち遠しい…

さて、今日は当店リペア工房より。
アンティーク家具って何を修理しているの?をご紹介。

新しい家具は引出しや扉がスムーズなのは当たり前。
しかしアンティーク家具はほとんどが引出しガタガタや扉が固くて開かない、
引出しが引き出せません!など長年使ってきたために不具合が多い。
家具を選ぶときは扉を開けたり、引き出したりすると思いますが
ガタガタ、カチカチでもそのままではお渡ししません。
そこはバッチリ調整をしてからお渡ししますので、安心して下さいね。

まずは扉。
固くてギシギシ音が鳴ります。
何だか歪みもあって、正面から見たときの
隙間も均等ではないし、閉まらない。
IMG_8139 (500x377)

無垢の木って反りや歪みが出るものです。
そんな部分を鉋で削ったり
IMG_8132 (500x377)

兆番に薄い板をはさみ込んで隙間の調整をしたり
IMG_8133 (500x377)

細かな微調整をしていきます。
扉を見つめる視線は真剣です。
IMG_8146 (500x377)

そしてお次は引出し。
これまたカチカチで無理に引き出すと取っ手が取れてしまいそう。
IMG_8144 (500x377)

そんな時はアタリの具合を見て調整。
今回は下部分色が白くなっているところが框部分にあたっていました。
これを削ってスムーズな引出しに。
IMG_8137 (500x377)

ちょっとしたことだけどとっても使いやすい。
もちろんこの削った部分は色合わせしますよ。
IMG_8138 (500x377)

傷とか色褪せはアンティークの個性で、味わいとも言える部分です。
今回ご紹介した建付け修理は一番重要。
アンティークといえども日常使いをしていただきたいので、このような部分に不具合が
あるとアンティークって使いづらいとか思われがち。
しっかりリペアしてお届けしております!

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
人気ブログランキングへ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2017-06